2019年問題 ~太陽光発電~

固定価格買取制度がはじまって来年で10年を迎えようとしています。

今、直面している問題、それは固定価格買取制度(FIT)は10年間、太陽光で発電した電気を買い取るという制度です。

来年2019年、10年目になるお客さまの太陽光買取制度は今後はどうなってしまうのか。

 

なっとく再生可能エネルギー固定価格買取制度の問合せ窓口へ電話をしてみた。

 

Q 10年目を迎える太陽光の事業者の売電はまったくなくなってしまうのか?

 

A 国が固定をして10年の買取をしているので、10年経過してしまうと売電はなくなります。

 

Q 売電がなくなってしまうということは、発電した電力がタダで電力会社に流れ、電力会社はその電気を顧客に

   売るということでしょうか?

 

A 現在は電力会社とお客さまの契約の間に国が入り、10年の固定価格買取をしているが、契約満了をした

  事業者は電力会社と再契約を結ぶ形になるかと思う。電力会社に確認をして欲しい。

 

との答えが返ってきたので、

 

電力会社、東京電力に電話で問合せをしてみた。

 

Q 固定価格買取制度が終了した事業者は新たに電力会社と契約を結べば売電はできるか?

 

A 今現在、東京電力に関しては何も対策をしておりません。

 

なんとも曖昧な返答でした。来年の事なのに・・・・・

 

現在、太陽光の業界では、蓄電池、パワーコンディショナを交換し、エコキュート(太陽光発電で余った電機をエコキュートの湯沸しに)、EV電源をつけて電気自動車の充電(太陽光発電の余った電機で)等様々なセールスをしております。

 

そろそろ太陽光を設置して10年を迎える方、色々な情報に耳を傾ける時が来たようです。